妊娠生活に必要な成分

葉酸が妊婦におすすめな理由

妊娠中のお母さんにとって、お腹の中の赤ちゃんの成長が気になるものです。 生まれてくるまで、直接目にすることのない赤ちゃんの様子は診察するまでわかりません。 すくすく育っているのか、お母さんとしてはとても気になりますね。 妊婦に良いとされている葉酸は、マタニティーグッズの売り場で良く目にしますが、葉酸がどういう栄養素なのかはあまり知られていません。 葉酸は、赤ちゃんの脳の発達や神経系などに大切な役割があるため、赤ちゃんの様々な臓器が作られる妊娠12週まで摂取することが大切なのです。 お母さんに対しても、貧血防止に大変役立つので親子で健康な体を維持してゆくために大切なものです。 妊娠生活を快適に送るためにも、すすんで摂取していきたいですね。

サプリメントなどに頼る

妊娠12週までの摂取をおすすめしましたが、12週といえば妊娠初期で個人差はあるものの、多くのお母さんがつわりに悩まされている時期です。 葉酸は多くの緑野菜に含まれていますが、つわりで苦しい時期は通常の食事が困難だという方もいます。 つわりは体が食べ物を拒むというもので、栄養をとろうと食事をしても、いに反して気持ち悪くなり吐き気が治まらないという「お母さんにとっては心身ともに大変な時期」です。 食品で葉酸を摂取することが難しい場合は、サプリメントなどに頼ることも大切です。 葉酸をたっぷり含んだクッキーなども販売されているので、無理をせずに自分に合う方法で葉酸をとるのも良いでしょう。 妊娠中は親子ともに一番大切な時期ですので、葉酸で快適に過ごしたいですね。