男性側の不妊治療

原因を探ることが第一

 女性の不妊同様、男性の不妊も深刻な悩みとなっています。その症状によっては子供を作ることがかなり困難となることもあり、原因もはっきりしない点も多いため、治療での改善が上手くいかなかったり、また長引いたりすることも多いようです。  男性不妊の原因として大半が精子に関することです。精子の数が少ない乏精子症や精子無力症は、一応造精機能は働いているので受精することは可能です。無精子症は症状としてはかなり深刻ですが、精巣に精子があれば人工授精などで妊娠することもできます。  男性不妊はまず現在の症状を確認し、その原因を探った上で、それに合わせた治療をおこなっていくので、場合によってはかなりの時間がかかることがあります。

生活習慣の改善もあわせて

 治療は専門のクリニックなどを訪ねてみたら良いでしょう。  まずは精液やホルモンや染色体といった各種検査をおこない、男性不妊の原因を判断します。そしてその原因がはっきりしたら治療をおこなっていくわけですが、投薬よる治療にくわえ、生活習慣の改善など、造精機能が上手く働くように、さまざまな手立てを打っていきます。  治療は主に通院でおこなわれますが、男性不妊に多い精索静脈瘤の場合は外科手術が必要となるため、入院をしなくてはなりません。  不妊の改善には時間がかかるため、早期に妊娠を望むのであれば、不妊治療とは別個に人工授精や体外受精などで、妊娠を目指していくことになります。  クリニックなどではカウンセリングもおこなっていますので、まずは相談することから始めてみてはいかがでしょうか。